自動車保険事故料率の変更の時期について

皆さん、ほとんどの方が自家用車を自分で所有或いはご家族で所有されていることと思います。そして、さらにその大部分の方が自動車保険への加入をされています。それはある意味、今日の車社会、及びその社会で生きるための必要最低限のマナー、エチケットとして定着しているように思えます。

おとなの自動車保険

セゾン自動車保険には、おとなの自動車保険というものがあるそうです。事故率の一番低い40代50代に着目して割安になっている保険商品です。

今までの保険料だと21才から34才までは5才ずつ年齢条件が区切られている保険料ですが、35才以上は年齢条件が区切られておらず、同じ保険料になってしまいます。それを解消して1才ずつ料金を設定しています。40代50代の運転者の方には割安な商品です。

自動車保険ネットと代理店どちらがいいの?

最近、テレビのCMでネット自動車保険をみます。自動車保険はネットと代理店とどちらが良いのでしょうか。

ネットの自動車保険は、CMでも、売りとしていますが、とにかく安いそうです。ただし、誰でも安く入れるわけではありません。条件があります。年齢、性別、地域、通勤などで毎日車を使うか、週末などのレジャーに使うかなどの利用状況、走行距離などで、保険料が変わる「リスク細分型自動車保険」が主流です。

傷害一時金給付保険とは

自動車保険の特約には、いろいろあります。その中の一つに「傷害一時金給付保険」というものがあります。

人身傷害事故により、怪我をした場合に、加入している補償範囲の事故であれば、怪我の症状や部位によって、決められた金額を受け取れます。各会社で支払金額については入院日数や金額などの詳細が違いますので、注意しましょう。なお、1回の事故で、複数の症状がある場合は、1番高い支払金額の項目が適応となり支払いとなります。複数の症状が出ているので、その症状の数の分だけ支給されるわけではないので、気をつけましょう。

損保会社によっては、一時金を倍にし、支給金額も倍になる特約もあります。

自動車保険の掛金を下げる方法について

自動車保険は必ず入らなければならない保険です。ただその保険の掛金が高い。対物・対人には無制限で保障する保険に入る必要性は言うまでもありません。しかし、あまりにも高い保険料の掛金に毎月支払いが大変だという方が多くいるのではないかと思います。

任意の自動車保険への加入のススメ

ここでは任意の自動車保険への加入のススメということで紹介します。

自動車を運転するには自賠責保険への加入をしなければなりません。この保険は1955年に自動車損害賠償保障法施行に伴い開始されました。

しかしながら相手の怪我や死亡に対する補償のみで、自分や相手の車の損害や自分や同乗者の怪我などは補償されません。

また補償額は最低限の金額ですので、この金額を超える補償が必要な時には自分で払う事となってしまいます。

自賠責保険ではカバーできない部分の補償をしてくれる保険が任意保険です。任意保険では以下の補償が基本となっていますが、会社やプランによって補償項目が違う事もあるので注意が必要です。

通販と代理店どっちがいい?

自動車保険を比較する際に、通販型と代理店型ではどっちが有利なのでしょうか。ここでは、状況にあわせて考えてみたいとおもいます。

まず、任意の自動車保険には通販型(ダイレクト型やネット型とも呼ばれます)と代理店型の2種類があります。

自動車保険を選ぶときに、両方のメリット・デメリットを知っておくと自分に合った保険がスムーズに選べ、万が一の事故のときに「こんなはずでは無かった...」という失敗も回避できます。

この記事では通販型と代理店型のメリット・デメリットや口コミなどを紹介します。

自動車保険の選び方

こちらでは、自動車保険の賢い選び方について、紹介したいと思います。

一口に自動車保険と言っても、補償やサービスが充実している保険や、保険料や安い、会員特典がある保険など様々です。また国内の保険会社と外資の保険会社の違いや、代理店系、ダイレクト系などの違いもあります。

ここではそれぞれの違いを踏まえつつ、自分に合った自動車保険の選び方を紹介します。

自動車保険の会社について

自動車保険には強制的に加入する保険と、任意で加入する保険の2種類があります。

強制的に加入する保険は1つしかないので迷う事がありませんが、任意に加入する保険は様々な会社が色々なタイプの保険を販売しているので迷ってしまいますよね。

ここでは簡単に各保険会社を紹介していきたいと思います。

自動車保険について学びます

自動車保険には自動車損害賠償保障法によって加入が義務づけられている自賠責保険と、物損に対する賠償や加入が義務づけられている保険では不足する賠償額をカバーする任意保険があります。

任意で加入する自動車保険の種類

ここでは、自動車保険の豆知識として、任意で加入する自動車保険の種類について詳しく解説します。みなさんがご存知のように、一口で、任意自動車保険と言っても、そこには、さまざまな種類が存在します。

自動車保険の仕組み

ここでは基本に立ち返り、自動車保険の仕組みについて詳しく紹介致します。

まず、あなたが当サイト『自動車保険比較ナビ』で調べている自動車保険は一般的に『任意保険』と言われる種類の自動車保険になります。

つまり、ひとくくりで『自動車保険』といっても、自動車の保険には、法的に必ず契約しなくてはいけない強制保険である『自賠責保険』と、こちらのサイトで比較見積もりサービスを提供している、あくまで任意で加入することになる自動車保険の2種類が存在します。

このページの先頭へ